チャネル・バランサーは、まずここをチェック!

チャネル・バランサーは、まずここをチェック!

インシュレートのサッシ・バランサー

こちらは、インシュレート(Insulate)社製シングルハングの樹脂サッシ。

下窓(ボトムサッシュ)だけが可動する上げ下げ窓をシングルハングと呼びますが、10年以上使い続けると下窓の両サイドに隠れていた金属製のバランサーが、外れてしまうことがよくあります。

こうなってしまうと、窓の開閉は難しくなり、常時閉め切ったままの状態で外の空気を入れられません。

このようなトラブルの原因は、バランサーを吊っている糸(紐)が切れてしまったり、内蔵されたバネが錆びて糸を巻き取れなくなってしまったりすることにあります。

他の種類のバランサーを含めて、バランサー自体の寿命は10年程度。バランサーは消耗品ですから、定期的に交換することでスムースな窓の開閉が可能となります。

バランサーを交換したいという方は、まず写真にあるようにバランサーに刻印(又は印刷)された数字や文字を確認して下さい。勿論、全体の形状なども、写真でお送り頂ければ助かります。

ご自身でバランサーを交換することが出来ないという場合は、出張費等の経費は掛かりますが私たちが交換に伺うことも可能です。輸入サッシの不具合は、適切な部品と適切な作業で元通りに戻ります。放置しないで、専門家に相談するようにして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。