折っても割れないパラペイント

折っても割れないパラペイント

ピュアアクリルの外装用塗料パラペイント

以前、スタッコフレックス・イノセンスという柔軟性のあるアメリカの外壁用塗料を紹介したことがありますが、その際プラスチックの板にその塗料を塗って折り曲げても、割れが入らないというのをお見せしたと思います。

柔軟性に富んで割れに強いこうした塗料は、ピュア・アクリルという100% アクリルで製造されたものなのです。

でも、日本で売られている通常のアクリル塗料は、一般的に他の塗料と比べて耐久性が劣ると言われています。それは、アクリル以外の物質が塗料に多く含まれていて、アクリル100%では製造することが難しいからだと言われています。

欧米では、20年近い高い耐久性を実現するピュアアクリル塗料は、最高級の外装塗料として広く製造・販売されています。その中の一つ、カナダのパラペイント「ウルトラセミグロス エクステリア」の折り曲げ実験の写真をご覧に入れましょう。

ミント・ブルーの色のところが、ウルトラセミグロス エクステリアを塗った表面ですが、グニャグニャ何度折り曲げても全く割れが生じません。

ジョリパットのような塗り壁の外壁は、下地の施工が悪いと外壁やサッシの周囲にヘアー・クラックが入ってしまいます。割れた外壁の補修には、柔軟性に優れた下地材と適切な施工方法が求められます。それは、安易にコーキング等で割れを補修しても、すぐにまた割れてきてしまうからです。

適切な下地処理をした後は、パラペイントのようなピュア・アクリルの塗料で仕上げれば、割れのリスクは相当軽減されるはずです。

因みに、スタッコフレックス・イノセンスとパラペイントの違いは、イノセンスが比較的水っぽくてパラペイントの方が塗料の粘りが強いことにあります。

粘りが少ないイノセンスは、ローラーで塗る場合はローラーの回転で塗料が飛散しやすく、ハケで塗る場合は液だれしやすいのですが、パラペイントはその問題が極端に少ないですから、施工が楽で外壁への塗料の定着性がいいと言えます。(定着性を上げる為か、イノセンスには骨材と呼ばれる細かな砂粒が入っています)

また、パラペイントは、住宅専用にデザインされた2,400色ものカラーバリエーションがあるのも魅力です。

<作品紹介>: リノベーションで美しく ~H邸~
<関連記事>: 折っても割れない外装材 (2015年5月27日)
<関連記事>: 塗り替えるなら、ピュア・アクリル塗装 (2018年4月26日)
<関連記事>: 外壁の割れには、これも使える (2018年4月27日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 資材・商品   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。