シングルハング・サッシのバランサー交換

シングルハング・サッシのバランサー交換

バランサーの交換風景

昨日に引き続き、ミルガード(Milgard)社のシングルハング樹脂サッシのメンテナンスです。

15年以上経ったサッシですから、建具(障子)を持ち上げているバランサーも寿命が来ています。

このお宅のシングルハング・サッシは、全部で14ヶ所。

バランサーはその両側に付いていますから、全部で28本交換が必要です。

殆どのサッシは、窓が開かない状態か、開けても下がってきてしまう状況ですから、ほぼ窓は閉めっぱなしという感じでした。

輸入サッシの大きさや重さに合わせて、適合する長さや強さのバランサーをアメリカから輸入しました。それらを一気に交換していきますが、それでも交換には数時間必要でした。

恐らく単に交換するだけであれば、然程時間は掛からないのでしょうが、洗濯機や浴槽、便器・家具などが窓の前に置いてあって、作業がスムースにやれないところもあるのです。

また、埃やゴミ、汚れなども少し掃除しながら、交換を進めますからその分余計に時間が掛かりました。輸入の窓が開けられないお宅の方がいらしたら、バランサーを交換してみて下さい。新築時のように窓から風を入れられますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。