まだ途中ですが、こんなに素敵になりました

まだ途中ですが、こんなに素敵になりました

交換したファイバーグラス製玄関ドア

岐阜県海津市の輸入住宅で玄関ドアの内部に下地材が入っていない状況で、ドア・ヒンジやドア・クローザーのビスが利いていないという記事を以前書かせて頂きました。

もうドアの納まりもガタガタで、修理・メンテナンスをして使えるようにすることも出来なかった為、今回ドアを新しいものに交換しました。

ドア自体も何故か通常より幅が狭いタイプでしたので、10cm程建物の開口部を広くして、大きめのファイバーグラス製のドアを取り付けました。それが、こちらの写真。夕陽が当たって、美しく光ってますねぇ。

構造的に無理をして取り付けたのでは、輸入住宅ビルダーとは言えませんから、慎重に構造を確認しながら補強を加えていきました。外壁はレンガ・タイル張りでしたから、こちらもきれいにカットしながらの作業で相当時間も掛かりましたよ。

でも、こんな素敵なステンドグラスの輸入玄関ドアが付けば、その苦労もどこかに吹き飛んでしまうくらいです。

あとは、ドアの周囲をきれいに納める為に、昨日紹介したファイポン(Fypon)の飾りを取り付けて、ドアを塗装すれば完成です。また、その様子は追ってご案内します。

<関連記事>: ビスが留まらないグラスファイバー製玄関ドア (2017年4月9日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合がありますので、新しい記事を参照頂くか、金額をお問い合わせ下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: リフォーム・リノベーション   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。