ご自身で交換が出来れば、部品だけを供給します

ご自身で交換が出来れば、部品だけを供給します

糸切れしたチャネルバランサー

こちらのチャネル・バランサーは、糸(ヒモ)が切れて使えなくなったものです。

よく糸を張り替えて、またお使いになるというお客様もいらっしゃるようですが、糸だけでなく経年劣化で糸が連結されているバネや糸を巻き付けているプラスチックの滑車の動きも悪くなってきています。

こうなると、糸の伸縮でサッシを開閉している状況において、その他の不具合がバランサーをまた脱落させる原因ともなるのです。

また、シングルハング・サッシの両サイドに装着されているバランサーの糸の張り方が左右で違うと、やはり窓の開閉がしづらくなる原因ともなります。

確かに部品を修理して使うことは、エコでもありますからいいことなんですが、既に製品寿命が来ている場合は、早く新しいものに交換した方が時間や費用も反って抑えられるかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。