ガレージドアを加工してはダメ!

ガレージドアを加工してはダメ!

サイズを加工されたガレージドア

幅2.2m、高さ1.7mの開口しかない地下式のビルトイン・ガレージ。

通常のガレージドアは、幅2.4m、高さ2.1m又は2.4mという大きさだから、こちらの開口寸法は相当小さいことはお分かりですね。

まず、こういうガレージを作ることは、そうそうないことだと思いますが、もし作るとしたらこの開口に合わせて特注するしかありません。

でも、こちらに設置されたガレージドアは、特注でオーダーしたものではないらしく、既製品のドアを開口寸法に合わせてカットされているようです。

木製のガレージドアは、いくつものパネルを組み合わせて1枚のドアを形成します。それを4~6段積み重ねることで、大きなガレージドアにしています。

ですから、幅や高さを短くカットするということは、組付けた接合部分を切断することに他なりません。勿論、そんなことをすれば、組み合わせたパネルの強度が落ちてしまい、長年の使用には耐えられなくなります。

こちらのガレージドアは、15年近くお使いのようですが、ご覧のように金物を接合部に取り付けてパネルの脱落を辛うじて防いでいます。

こんな状態では、いずれドアパネルが崩壊して、大きく壊れることになるでしょう。そうなったら、下にいる人や車にも危険が及んでしまいます。

計画性のない設計や無理な施工したビルダーに問題はありますが、こうなったら一刻も早くこの開口寸法に適合したガレージドアを製作した上で交換すべきだと思います。

尚、ドアだけでなく、レール類も規定の取付けをされていませんから、電動オープナーにも大きな負担が掛かってしまい、その寿命を縮めていることは間違いありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。