製造ロットの不良かも・・・?

製造ロットの不良かも・・・?

ノード社ダブルハングサッシ

昨日、ウィンテック(WinTech)社製樹脂サッシのバランサーが不具合を起こした13年前に新築した輸入住宅について記事を書かせて頂きました。

その樹脂サッシ以外にそのおうちに施工されていたノード(Nord)社製アルミクラッド・サッシがこちらです。

写真の建具(障子)は、正常な状態のものなんですが、ピボット・バーと呼ばれるアルミ鋳物で出来た部品が複数割れて使いものにならなくなっていました。

(尚、カナダ ウィルマー(Willmar)社のダブルハングでも同じピボット・バーを使っていますから、同じトラブルがあるみたいです)

ピボット・バーは、窓枠側に仕込まれたバランサーのピボットに差し込んで建具とバランサーを連動させる部品ですから、これが破損すると窓が開けられなくなります。

通常、ピボット・バーにはそれ程大きな力が加わることはありません。ですから、この部品が破損して窓が使えなくなるというトラブルは、あまり聞いたことがないのですが、固い鋳物は衝撃には弱いという性質があります。

ただ、こんなに多くのピボット・バーが破損するという状況は、何等かの製造上の不具合があったのではないかという疑いが生じます。

ただ、もう施工から13年も経っていますから、クレームで代替部品を無償提供頂くことは出来ませんし、施工業者や販売業者の責任を問うことも出来ないでしょう。

今回は、ピボット・バーとコイル・バランサーの全てをアメリカの部品メーカーから調達して、交換が必要なサッシに取り付けます。取り付けなかった部品については、将来の不具合に備えて予備部品として保管頂くようにしたいと思います。

不具合があった都度、いちいち輸入をしていたのでは、輸入経費だけでも結構な金額になりますからね。これから本格的な夏が来ます。適度な通風を確保する為にもサッシのメンテナンスはお早めに!

<関連記事>: Nord も、サッシを作ってたんだ~ (2014年7月31日)
<関連記事>: さて、代替になるでしょうか? (2017年8月5日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。