掃出しサッシの鍵が変じゃないですか?

掃出しサッシの鍵が変じゃないですか?

掃出しサッシのロックケース

20年前に輸入住宅を新築したお客様から、マーヴィン(Marvin)社のインテグリティ(Integrity)というサッシが壊れたという連絡を頂きました。

それは、スライディング・パティオドアと呼ばれる掃出しサッシのロックが不調で鍵をかけることが出来なくなったというものでした。

実はこのお宅では、昨年も違う掃出しサッシで同じ不具合を起しています。

このモーティシー・ロックという金物には、小さなバネが内蔵されていて、その反動でラッチを出し入れする仕組みです。小さなバネですから、長年の使用で切れてしまうこともあり、15年くらいで交換するのが基本です。

ですから、今回のロックケースは寿命が長かったとも言えるのですが、鍵を掛けることが出来ないというのは防犯上不安な状態になってしまいます。

こうなる前には必ず予兆のような感じがあるものです。そんな異変を感じたら、壊れる前に部品の交換をするように心掛けましょう。こうしたロック部品は、マーヴィン専用というものではないですから、他のサッシメーカーの窓用としても結構簡単に手に入るものです。

輸入住宅ブームの時にいろいろなメーカーの掃出しサッシが入ってきましたが、現在国内で取り扱われていないサッシが多くあります。(今日もローウェン(Loewen)社の掃出しサッシのロック金物の不具合で、別のお客様から連絡を頂きました)

建てた住宅メーカーに対応を断られても、部品の大きさや形状さえ分かれば代替のパーツを取り寄せることは可能ですから、諦めないで相談して下さいね。

ただ、同じようでもちょっと形状が異なるという金物は、いくつも存在しますから、確認まで少々やりとりが必要ですのでお付き合い頂くかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容が更新されている場合がありますので、出来るだけ新しい記事を参照下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 健康・安全   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。