網戸を張り替えると、こんなにきれい

網戸を張り替えると、こんなにきれい

古い輸入サッシの網戸

カナダの古いキャラドン(Caradon)社製掃出しサッシに付いていた網戸、2枚を外して現場から会社に持ち帰りました。

20年近く前のものですから、相当傷みが来ています。

1枚は一度網を交換したようですが、お客様自身がやられたのか、結構いい加減な施工がされていて、所々網が枠から外れていました。また、その際交換した網は、国産のプラスチック製のものだったようで、10年もしないうちに劣化してボロボロになったようです。

会社に持ち帰ったのは、道具が揃っているので何か突発的な問題が生じても対処が可能だったということと、現場では他の職人さんの邪魔になるので場所を確保するのが難しいという理由です。だって、網戸は幅が1.1m、高さが2mもある大きさですから、取り回しをするだけでも相当大変なんですよ。

張り替え後の輸入網戸

で、半日掛かりで張り替えをしたのですが、網戸に付いているビスが錆びたり劣化したりしていて、外すのに特殊な工具が必要だったり、網を押さえるヒモ状のゴムや網自体が、プチプチ切れて溝に残ってしまったりとそりゃもうえらいことでした。

でも苦労した甲斐がありました。あのひどい状態の網戸が、本当にきれいな状態に戻ってくれましたから・・・。勿論、網戸のフレームやハンドル(取っ手)まできれいにして差し上げられれば申し分ないのですが、それはまたの機会にさせて頂きます。

皆さんのおうちの輸入サッシも網戸が破れていませんか?もしそうなら、是非交換されることをお勧めします。室内に入る秋風は、本当に気持ちいいですよ。

<関連記事>: 輸入サッシ、網戸の網の交換は10~15年 (2012年11月18日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。