またまた、問い合わせです

またまた、問い合わせです

TITANのドアラッチ

先日、古いレトロなドアラッチということで、タイタン(TITAN)のドライブイン・ラッチの記事を書きましたが、今回はその派生型となりますフェースプレート付きのドアラッチを紹介します。

ラッチの爪のある頭の部分に金色のプレートが付いていますが、これがフェースプレートと呼ばれる固定用の金属板です。

これをビスで留めることでラッチがドアに固定されるのですが、ドライブイン・ラッチはその簡易型で、ドアに明いた丸い穴にラッチの丸い頭を差し込むだけで固定します。そっちの方がビスで固定する手間もいらず、簡単ですからね。

こうしたドライブイン・ラッチは、アメリカでも古い住宅では主流でしたし、今でも多く使われています。でも、ちゃんと固定した方が金物の狂いも少なく、トラブルが少なくなるという観点から、今ではフェースプレートが付いたタイプが一般的となりました。

今回ご相談頂いた栃木県のお客様は、その両方のタイプのドアラッチが施工されているらしく、私共の記事をご覧になって手に入らないかという相談を頂きました。勿論、どちらもホームメイドは在庫を持っていますから、安心して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: レトロなラッチ (2016年3月29日)
<関連記事>: 古いラッチは、2通りで使えます (2017年7月15日)

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。