輸入ガレージドアは、幅に余裕があるといい

輸入ガレージドアは、幅に余裕があるといい

幅に余裕がある輸入の木製ガレージドア

輸入住宅におけるオーバースライダーのガレージドアの標準的なサイズと言えば、幅8フィート(2.4m) x 高さ8フィート(2.4m)。

2台並べて車を止めたいという人だと、幅16フィート(4.8m)のものを使いますから、やはり1台当たりは幅8フィート(2.4m)になるのが一般的です。

でも、女性ドライバーの方の中には、駐車やバックが苦手という人も多いでしょうから、2.4mの幅だとぶつかりそうで怖いと思うかも知れません。

そんな時、私たちはイレギュラーではありますが、幅9フィート(2.7m)のガレージドアをインナー・ガレージ(ビルトイン・ガレージ)に取り付けます。

小型車の幅を1.5mと仮定すると、2.4m幅では車の両サイドに45cmずつしか余裕がありません。ドアミラーが15cmあるとすると片側30cmのスペースしかなくなります。これって運転が苦手な人にとっては、大きなプレッシャーになります。また、将来大きめの車を購入するかも知れませんしね。

そこで、幅が1フィート(30cm)だけ大きなガレージドアにすれば、ドアミラーから片側45cmのスペースが取れるようになります。実はこうすると、車と車庫の側壁との間が広くなりますから、車庫の中での乗り降りも気楽になるんですよ。

敷地や資金計画に余裕のある人は、是非ワンサイズ大きめのガレージドアを選択するといいですね。ホームメイドでは、こうしたサイズの木製ガレージドアを在庫しています。(丁度売れてしまう場合もありますから、予めご確認下さいね)

あと、それ程車高が必要ないという場合、高さ7フィート(2.1m)のガレージドアを使ってもいいですよ。但し、ワンボックスのミニバンで屋根にルーフキャリアが付くなんて場合を想定するなら、2.4mの高さが欲しくなりますが・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: プランニング   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。