水回りは、一緒でいかが?

水回りは、一緒でいかが?

日本の住宅の場合、浴室、洗面(脱衣室)、トイレの機能は、別々の空間で考えるのが一般的。そうした方が、それぞれの人がそれぞれの用途で使えるということでそうなったのでしょう。

だって、写真のように全てがオールインワンとなっていたら、ご主人がお風呂に入っている時に、娘さんがシャワーブースに入り、奥様が洗面でスキンケアをするなんてことが出来ないですもんね。

でも、アメリカでは日本のような空間分けを殆どしません。

それは水回りを集中させて配管を効率的に施工するという合理的な考え方の他に、こうした水回りはそれぞれのプライベートスペースに必ず1ヵ所ずつ設けられているという間取りの取り方が関係しています。

自分だけで占有出来るのであれば、一緒の方が楽ですし別に空間を分ける必要はないですもんね。

文化的な背景や国土の広さ、プライバシーに対する考え方などいろいろな要素で間取りのプランニングが変わってきます。

でも、日本だから日本式にしなければならないということもありませんから、8帖もあるようなバスルーム(北米では、一体化された水回り空間をこう呼びます)にしたいというアメリカンな方がいても、OKだと思います。(むしろ、そういう多様な人がいてこそ、成熟した豊かな社会な気がします)

こうしたデザインの輸入住宅をご希望の方は、ご相談下さい。

※ この「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: プランニング   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。