ペアガラスが外せるものもあります

ペアガラスが外せるものもあります

ガラス押えが付いたハード社ダブルハングの建具

室内側が木製のアルミクラッド・サッシと言えば、ペアガラスの割れや曇りがあると建具ごと交換するというのが一般的です。(因みに、樹脂製の輸入サッシは、ガラスのみの交換は可能です)

窓枠はそのままとは言え、建具を取り換えるとなると結構な費用が掛かりますから、何とかガラスだけを交換したいというのは人情です。でも、なかなかそういうことが出来ない木製サッシは多いのです。

ただ、そういった中でもペアガラスだけを交換出来るものが、一部ですが存在します。このサッシは、2003年頃に新築施工された際に取り付けられたハード(Hurd)社のダブルハングなんですが、ガラスの周囲に押し縁と呼ばれる木製のガラス押えが付けられています。

フィニッシュネイルと呼ばれる隠し釘で留められているもので、釘を浮かせて細いガラス押えをうまく外すことが出来れば、ペアガラスのみを交換出来るように作られているのです。

ただ、ハードのサッシと言っても、それ以前に製造されたものだったり、このガラス押えを外す際に折ってしまったりすると、建具(障子)の交換が必要になります。

(メーカーは、木製のガラス押えのみを供給することはしてくれませんから、破損してしまうとそれを調達する手立てはありません)

また、建具とガラスはコーキング等の防水接着剤で密着していますから、これを外すのは結構厄介ですし、ガラスを更に割って周囲に飛び散らせてしまう恐れもありますから、作業には注意が必要です。

ペアガラスの交換には、ガラスそのものの大きさの確認をすることが大切ですから、そういった点では寸法計測も正確に行うようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。