ウェザーストリップが劣化した木製ケースメント

ウェザーストリップが劣化した木製ケースメント

ウェザーストリップが劣化した木製ケースメント

サッシ・メーカーは分かりませんが、ログハウスに設置された輸入の木製サッシのウェザーストリップが破れてきました。

クランクハンドルを回すと開いていくケースメント・サッシですが、柔らかな樹脂で出来ている為、どうしても劣化してきます。

柔軟性を利用して隙間を埋める気密パッキン材ですから、どうしても柔らかな樹脂に頼らざるを得ません。

ウェザーストリップは、15年程度で交換すべき消耗品ではありますが、あまり気に留められることが少なく、気が付いた時には劣化が進んでいるといったケースが殆どです。

ただ、こうしたウェザーストリップは、窓メーカーによって全く違うものが取り付けられており、種類も様々な為サッシ・メーカーから調達出来ないという状況では、手に入れるのが難しいかも知れません。

勿論、どうしても同じでなければいけないということではありませんが、サッシの形状に合ったものでなければ、機能や耐久性が十分発揮されないこともあります。

ウェザーストリップは、気密以外に防雨・防水・防風といった機能もありますから、出来るだけいい状態に保っておきたいものですから、日頃から注意しておくことが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。