怖くて開けられなかったそうです

怖くて開けられなかったそうです

木製建具が腐ったマーヴィン社ケースメントサッシ

こちらの写真は、三重県四日市市の輸入住宅に設置されたマーヴィン(Marvin)社製ケースメント・サッシ。

木製建具(障子)の下枠部分が黒くなって、腐食した木がボロボロと崩れてきている状態です。

そんな場所にビス止めされていた金物類も外れてしまい、オペレーターで建具を開閉しようとしても全く動いてくれません。

多くの皆さんは、窓枠に水が溜まって建具の下から木を腐らせたのではないかとお考えになりますが、そうではありません。こういう場合、雨水が侵入したのはガラスと外装アルミとが接する部分で、そこから水が中へと侵入して、内部から木を腐らせたのです。

ですから、黒くなっている部分の木枠は、中が空洞になっていてアルミの裏側が見える程になっています。このまま放置すれば、当然外装のアルミ板は脱落し、建具は傾き窓を閉めることが出来なくなります。

私たちは、そういう時の道具を準備していますから、開閉金物が機能しなくなっても窓を閉めたり開けたりすることは出来ますが、お客様自身でそうすることはちょっと大変かも知れません。

こういう状態になっても、上枠側に付いているもう片方のウィンドウヒンジが機能していますから、すぐに建具が落下することはありません。ただ、下枠が全てなくなりアルミも脱落した状態になると、ペアガラスが下へとずり落ちてきてしまいます。

そうなると、最後はガラスが建具から外れて落下することになりますから、建具の交換をすぐにでも行うべき状況です。(勿論、単に交換しただけではまた同じことになりますから、注意して下さい)

開かずの窓にして放置している人もいるでしょうが、台風などで建具が脱落してからでは遅すぎます。輸入サッシの交換部材は、注文から最低3ヶ月以上掛かることを覚えておいて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。