マーヴィン社ケースメントの気密パッキン材

マーヴィン社ケースメントの気密パッキン材

ボウウィンドウのウェザーストリップ

こちらの写真は、マーヴィン(Marvin)社製ボウウィンドウに付いているケースメント・サッシの一つを下から見上げた様子です。

建具の右半分の白い方が屋外側のアルミ部分。左半分が室内側の木製部分。

アルミの部分には、細いスリットが入っていて、そこに気密パッキン材のウェザーストリップが差し込まれています。

随分家を建ててから時間が経っていますから、ウェザーストリップも汚れが付着して素材自体も固くなってきています。また、劣化のせいか少し縮んでしまったようで、ウェザーストリップで隠れていたコーナー部分の錆びたビスが見えていますね。

建具の木部については、雨漏れ等による損傷もないようで、定期的に防水塗装をしてやればまだまだお使い頂けそうです。(現状は、外部用の防水塗装といったことはしていない感じです)

ただ、これで安心してしまってはいけません。いつガラスの周囲から建具内に雨が侵入するか分かりませんから、ガラスやアルミ部分の防水処理もしておくべきです。

今回、このお客様にはパラペイントの木部専用防水塗料、ティンバーケアをご購入頂きましたので、ご自身で塗装をして下さるようです。

防水塗装は、遅いということはありません。気付いたら適正な塗料でケアして頂くようにお願いします。勿論、ウェザーストリップの交換もお忘れなく。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。