ウィルマーもいいメーカーでしたが・・・

ウィルマーもいいメーカーでしたが・・・

ウィルマー製ケースメントサッシのウェザーストリップの劣化

こちらの写真は、カナダ ウィルマー(Willmar)社製のケースメント・サッシに装着されているウェザーストリップの様子です。

グリーンで塗装された外装アルミは、塗装の劣化が多少見受けられますので、そろそろ塗り直しの時期が来ているかも知れません。

今回は、塗装の相談ではなく、気密や防水性をキープする為のウェザーストリップを交換したいという問い合わせでした。

ウィルマーは、10年近く前に他社に吸収合併されて、既に会社は存在していませんし、補修用の交換部材を供給するといったサービスもありません。品質の割に価格がリーズナブルで、日本の輸入住宅の窓にも結構多く採用されたように思います。

ただ、ウェザーストリップのようなパッキン材は、素材の劣化や開閉による破れなどがつきものですから、アフターメンテナンスの部材を提供してくれるメーカーがなくなっているというのは致命的。

そうは言っても、一旦付けたサッシを長く使っていかなければなりません。ですから、消耗品が何とか手に入らないか、私共のような専門家にご相談の依頼を頂くこととなります。

ウェザーストリップは、サッシ・メーカーによって使われているものの形状や大きさがまちまちで、廃番やメーカーが倒産になるケースもありますから、探すのが至難の業です。

何れにしても、この写真だけでは正確な形状寸法が分かりませんから、ウェザーストリップの断面図や詳細寸法をお知らせ頂かないと探すことすら出来ません。

出来るだけ調達に協力したいと思いますが、まずはお客様側の情報提供や熱意がないとメンテナンスはなかなか進まないと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。