気密パッキンは、消耗品

気密パッキンは、消耗品

アンダーセン社グライダー副開閉側のウェザーストリップ

こちらは、アンダーセン(Andersen)社製グライダー(引き違いサッシ)副開閉側のウェザーストリップ。

コーナー部分にウレタンで出来た連結部材が入っているのですが、それが劣化して外れています。

また、建具(障子)の溝に差し込まれている部分が千切れて、ウェザーストリップが外れて浮いています。

こういう状態では、ウェザーストリップは気密材の役割を果たせなくなっていますから、交換しないといけません。こういう部材の多くは、塩化ビニール等の柔らかな樹脂で出来ていますから、10~15年程度で定期交換するのが普通です。

でも、日本のサッシではこうした気密材が使われていることが少ない為、交換するという習慣が日本人にはありません。ですから、古い輸入住宅ではこうした不具合がそのまま放置されて窓からぶら下がっているといった光景も見受けられます。

普通に暮らしている分には、気密や断熱性能が下がって省エネ性能が落ちるくらいのことですが、台風などの強い雨風の時は、少しの隙間から雨が室内に入ってくることがあるかも知れません。

家を長く使っていく為には、常に正常な状態に保っていくことが大切ですから、定期的にサッシのウェザーストリップも交換しておきたいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。