これ以上、レバーが下がりません

これ以上、レバーが下がりません

ローウェンの引き違いサッシ用ロック

こちらは、ローウェン(Loewen)社製のグライダー(引き違いサッシ)のロック金物です。

ロック本体と受け金物との間に少々隙間が空いています。

建具の木枠に歪みがあるのか、それとも建物の荷がサッシの上に掛かって押し潰される形で変形してしまったのか、原因は不明です。

こういう状態で長く使っていた為か、ご覧のようにクレセントのレバーがここまでしか下りないのです。回転して引っ掛ける鋳物部品が内蔵されているのですが、途中で欠けていてそこで引っ掛かってしまう状態です。

こうなると、ロック金物自体を交換してロックが十分出来るようにするしか方法はありません。

恐らくこのままにしておくと、強い風雨の際は建具の隙間から雨が入り込んで部屋の中が水浸しなんてことにもなりかねません。勿論、防犯上もよくないことは明らかです。

まあいいかと放置せずに、出来るだけ早めに対処してあげる方が、家の為にはいいのです。こうした古い輸入住宅に取り付けられた窓部品も、私たちなら手に入ります。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。