これが出来るのは、日本でもホームメイドだけ

これが出来るのは、日本でもホームメイドだけ

建具が腐ったサミット社のアルミクラッド・ダブルハング

こちらは、名古屋市北区にある輸入住宅に取り付けられたサミット(Summit)社製のアルミクラッド・ダブルハングサッシです。

90年代末に建てられた輸入住宅ですが、サッシからの雨漏れで建具の木枠が腐ってしまい、上窓が落ちないようにつっかえ棒をしたり、下窓の下枠が欠損した為仮の木材を入れたりしていました。

(元々、このサッシは雨仕舞が弱い構造ですから、適切なメンテナンスを定期的に行わなければいけなかったのですが、そういう知識が建築屋さんにもなかったようです)

このままでは、窓が脱落するというくらい危機的な状況でしたが、別の窓メーカーのアップグレード・キットを使って、見事に修復が完了しました。

シエラ・パシフィック社の建具を使って修復したダブルハング

使った輸入サッシは、シエラ・パシフィック(Sierra Pacific、旧ハード)のアルミクラッドの木製建具と調整用のサイドジャム(側枠)。

取付け前には、木部にパラの防水塗料 ティンバーケアを2度塗りしたり、ガラスの周囲等に防水処理を施したりしています。

また、製造時には、建具の木材にコアガードと呼ばれる特殊な防水・防腐処理が施されていますから、万一また雨が入っても心配ありません。

それにしても、既存のサッシ枠に違う窓メーカーの建具を入れ込むなんて普通じゃ考えられないですよね。出来る訳がないということでも、綿密に寸法取りしてサイズを計算すれば、このように元通りに輸入サッシを修復出来るのです。

ただ、現在このアップグレード・キットは、ダブルハングにしか使えません。また、サッシによっては、交換出来る寸法ではないかも知れません。

現地調査によって、そういうことも可能かどうか判断出来ますので、窓ごと交換しないといけないとお悩みの方はトライしては如何でしょうか。

<関連記事>: 今日は、5ヵ所も入れ換えました (2017年5月15日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。