このヒンジ(蝶番)は、亀裂が入ります

このヒンジ(蝶番)は、亀裂が入ります

ローウェン製フレンチドアのヒンジ不具合

こちらは、ローウェン(Loewen)製のフレンチドアに付けられたドアヒンジです。

高級輸入サッシ・メーカーのものですから、このヒンジも相当高価な部品ですが、ドアを上げ下げしたり、左右に動かしたりする機能を持っている自在蝶番(調整蝶番)なんですね。

ですから、ドアのポジション調整をするには非常にいいヒンジなんですが、調整機能を付けた為に金属板が薄くなっている部分が存在します。

今回そうした部分に亀裂が入り、ドアの重さでめくれ上がってきているという不具合が発生しています。こうなると、いくら自在蝶番で調整しても、その調整が全く功をなさない状況になってドアが倒れ込んでしまいます。

今回、出来る限りドアの建て起こしを調整をしましたが、このヒンジを交換しなければ抜本的な問題解決にはなりません。下手をすると、これが原因でまたドアの鍵が解除出来なくなる恐れさえ存在します。

少々値が張るドア部品ですが、ここで換えておけば10年以上心配しなくて済みますから、是非交換して下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。