アンダーセン社フレンチドア・パネルの剥がれ

アンダーセン社フレンチドア・パネルの剥がれ

アンダーセン社フレンチドアの剥がれ

愛知県海部郡のお客様から輸入サッシやドアのメンテナンスについてご相談をいくつか頂きました。

いくつかの建材に対し、異なったトラブルが発生しているという状況で、一度に全てをご紹介することは出来ませんが、その一部を書かせて頂くこととします。

まずは、アメリカ アンダーセン(Andersen)社の両開きフレンチドア。

お庭に向かって、左右のドアが大きく開いていくフレンチドアは、輸入住宅好きの方にとっては憧れでもあります。今回、そんなドアの化粧パネルが剥がれてきて、ドアの中に雨水が入り込んできているという相談でした。

写真の矢印の部分に隙間が生じ、そこから雨が中に侵入してきたというトラブルです。(お客様自身で応急処置をしたようですが、うまく補修が出来なかったようです)

アンダーセンの古いフレンチドアや掃出しサッシについては、この表面材の剥がれが問題となるケースがよくあります。以前にも4枚ドアの掃出しサッシで同じトラブルが発生し、建具のドアを全て交換するという案件がありました。

表面材の密着が経年で悪くなるということは、避けられないことかも知れませんが、やはり定期的に何らかの予防処置をすべきだと思います。

ガラスの周囲やドアパネルのつなぎ目など、雨が侵入しやすい場所に防水コーキング等を使って防水処理をしたり、ドアの表面に塗装をし直すことによって、そのリスクを少しでも軽減させる努力を惜しんではいけません。

今回、どこまで雨漏れが進行しているのかは、現地調査をしてみないと判断出来ませんが、補修か交換か何れかの対処が必要です。何れにしても、サッシやドアの防水メンテナンスは、木製建材を多く使う輸入住宅では必修です。

そうそう、こういうトラブルは台風のような強い雨風で発生する場合がありますから、そういう場合は火災保険の風災で補償してもらえるかも知れませんから、一度保険会社にも相談してみましょう。

<関連記事>: 外装の化粧板が剥がれました (2019年4月19日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。