関西で多い輸入サッシかな?

関西で多い輸入サッシかな?

バイキング社製シングルハングサッシ

神戸のお客様からバイキング(Viking)という輸入サッシ・メーカーの窓の修理を相談頂きました。

ここ名古屋周辺ではこのサッシが施工された現場を見掛けたことはないですが、以前にも大阪や京都のお客様からバイキングのサッシの修理について相談を頂いたことがありますから、関西方面で多く販売されていた可能性があります。

こちらの樹脂サッシは、下窓だけが開閉するシングルハングというタイプの窓ですが、ガラスの室内側にガムテープのようなものが張られています。何らかの原因でペアガラスの1枚が割れて、それを一時的に補修したのだと思います。

また、このサッシに装着されているチャネルバランサーにも不具合があって、交換しなければ窓を開閉出来ない状態です。もしかしたら、先にバランサーが不具合を起し、その状態でいつものように窓を開けた処、バランサーで吊り上げられないボトムサッシュが勢いよく落ちてガラスが破損したのかも知れません。

普通はバランサーが建具(障子)を支えてくれていますから、開けたら開けた位置で止まってくれるのですが、これが壊れていると物を上から落とすようにドスンと落下してしまいます。

外側のガラスは無事なようですから、雨風の侵入は問題ないので生活に支障はないと思いますが、このままでは見栄えもよくないですしガラスのヒビが大きくなることも考えられます。

窓を気持ちよく開閉出来るようにする為にも、また防犯上もペアガラスとバランサーの交換は早めにしておいた方がいいかも知れませんね。

また、これ以外のシングルハングサッシについても、バランサーの寿命が来ているでしょうから、この機会に全て交換しておく方がいいと思います。そうすれば、新築の時のように窓がスムースに開けられますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。