梅雨の晴れ間には、窓を開けよう!

梅雨の晴れ間には、窓を開けよう!

輸入引き違いサッシの壊れた網戸

今朝に掛けて梅雨前線を伴う台風3号が、ここ名古屋の近くを通過していきましたが、皆さんのおうちには被害はなかったでしょうか?

また、今日は台風一過とはいかず、時折にわか雨や雷雨も発生するようですから、気持ちもどんよりしますよね。

さて今回は、千葉のお客様から引き違いの輸入サッシの網戸の修理について、お問い合わせを頂きました。

こちらの網戸ですが、長めのフレームが1本折れ曲がっています。写真ではよく分かりませんが、網戸を窓に固定する為のバネ部品も錆びて交換が必要なようですし、プラスチック製のコーナー部品も割れてしまっているようです。

どこのサッシ・メーカーの窓かは分かりませんが、それぞれの部材の詳しい寸法や網戸を構成するものがどういったものか分かれば、アメリカから部材を取り寄せて全く同じものを作ることは可能です。

勿論、自分でフレームを加工したり組み立てたりするという方であれば、部材のみを提供することも可能ですが、それなりの工具や経験も必要でしょうから、製作をご依頼頂いてもいいかも知れません。

これから、梅雨の長雨が続きそうですが、梅雨の貴重な晴れ間の際には窓を開けて室内の空気を入れ替えたり、サッシの周囲を乾かしたりして家のケアをしたいですよね(特に木製サッシは・・・)。

そんな時の為に、今から網戸をメンテナンスして備えておくようにして下さい。網が破れていては、蚊やハチが入ってきてしまいますから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。