タイタン(TITAN)のドライブイン・ラッチ

タイタン(TITAN)のドライブイン・ラッチ

ドライブイン・ドアラッチ

こちらは、鍵のない室内ドアや玄関ハンドル、内鍵のあるトイレのドアに使われるドア・ラッチ。

頭の先にフェースプレートが付いた一般的なラッチではなく、日本では滅多に見かけなくなった寸胴型のドライブイン・ラッチです。

ドアノブ・メーカーによって、ドア・ラッチの形状は異なるのですが、こちらはTITAN(現Kwikset)のものになります。

現行のクイックセットのドアノブも、フェースプレートが付いたものしか国内では販売されていませんから、このタイプのラッチを探している人は困っているはずです。今回もそういうお客様から相談を頂き、予備を含めて3個のドライブイン・ラッチをご購入頂きました。

20年以上前に取り付けられた鍵爪のラッチですから、普通ならドアノブごと新しいものに交換というのが国産品なんでしょうが、今でも古い形式の交換部品が手に入るというのは輸入資材ならではかも知れませんね。

20年近く前に建てた輸入住宅にお住まいの皆さん、もし調子が悪い部分があるようなら、交換・修理について一度ご相談頂くといいかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。