輸入網戸は、直せます

輸入網戸は、直せます

破損した輸入網戸

先日、お近くにお住まいのお客様が突然来社されて、輸入サッシの網戸を修理出来ないかという相談を頂きました。

当初お客様は、作り直すことをお考えでしたが、網戸の状態を伺ってみると、壊れたり劣化したりした部品を交換するだけで網戸を再生出来るかも知れません。

そこで、状態を見る為に、実際の網戸を会社までお持ち頂きました。修理したい網戸は、3枚。全ての網戸で、スクリーンは白く劣化していました。

そして、一番大きな網戸はフレームのコーナー部品が割れて、網戸の四角い形状を維持出来ないという状態でした。また、小さい網戸は、取っ手部品が脱落してどこかに行ってしまったようです。

コーナー部品や取っ手部品は、プラスチックで出来ていますから、紫外線によって15年程度で劣化してきます。ただ、フレームはアルミで出来ていますから、折れ曲がったりしない限り、そのまま使うことは可能です。

今回は、アルミフレームや網戸を固定するパーツは大丈夫でしたから、フレーム・サイズに適合するコーナー部品と樹脂製の取っ手を調達すれば、新しい網戸に作り直す必要はありません。

勿論、フレームなどの部品に不具合がある場合でも、交換部材が手に入れば以前の網戸に戻すことは可能ですし、全体的に状態が悪ければ、新しい網戸を作ることも出来ますよ。

輸入部品は、様々な形状・サイズがありますから、私たちのような専門家に網戸の補修を相談して下さいね。輸入のグラスファイバー製スクリーンの張替えも大丈夫です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。