これを換えると気密が上がります

これを換えると気密が上がります

ミルガード製ケースメントサッシのウェザーストリップ

先日、ミルガード(Milgard)のケースメント・サッシのウェザーストリップを交換してきました。

この窓に付いている気密パッキン材のウェザーストリップは、形状が特殊でアメリカでもなかなか手に入らないレアものなんです。

それを独自のルートで100m分程度調達したので、早速豊田市のお客様の処へ伺ってきました。

その際外した古いウェザーストリップが、こちら。建具と窓枠の両方に四方の角を溶着した状態で取り付けてありましたから、結構手間を掛けてサッシは製作されていたと思います。

ただ、それを現場で行うとなると相当な時間と費用が掛かりますから、それぞれ一辺ずつをコーナー部分でカットして取り付けることとしました。今回交換下古いウェザーストリップは、20年近く経っていますから、日の当たる場所にある窓のものは劣化してボロボロになっています。

それを新しいものに交換した訳ですが、交換すると建具(障子)を閉めた際に密着するのか、ピタッと外からの音もしなくなりました。ちょっとしたことなんですが、ウェザーストリップって結構すごい役割があるんですね。

当然、窓からの雨の侵入もなくなるように思いますが、気密が高くなった分、ピッタリした窓を開ける際に少し力が必要となる点は致し方ないですね。

<関連記事>: なかなかないんですよね (2019年3月20日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。