何故、何もしなくて大丈夫なの?

何故、何もしなくて大丈夫なの?

過酷な屋根のトップライト

もう梅雨の走りかと思う程、強い雨が降るようになりました。

そういう時になると多いのが、トップライトと呼ばれる天窓の相談です。

一番多いのが雨漏りで、次に多いのがペアガラスの曇りや割れです。

雨漏れの原因は、建具と窓枠とが接する部分のシール材(気密パッキン)の劣化や破損であったり、ガラスの周囲の防水が劣化したという類のトラブル。ペアガラスについては、雨漏れによる内部結露の発生や熱割れ及び落下物等によるガラスの破損が考えられます。

お客様曰く、天窓は殆ど動かしていないのに悪くなったということをおっしゃる方がいますが、動かしていないものを動かすと枠にくっついてしまったシール材が動かすことで千切れてしまうことがよくあります。

また、全く触らなくても太陽の強い日差しが常に当たり続ける天窓は、通常の窓より何倍も過酷な環境に耐えていると考えるべきです。触ってなければ悪くならないと考える人は、そういうことを理解していないのかも知れませんが、トップライトは10年毎に点検・補修をすべきだと思います。

ただ、現在天窓を製造しているメーカーは、ベルックス以外には存在していませんから、他社のものを使っている場合はVeluxのものに交換するか、天窓を撤去して屋根で塞いでしまう以外方法はありません。

屋根は雨漏りのリスクが比較的高い場所でもありますから、そういう施工は経験や知識が豊富な建築業者にやってもらうことが必要です。梅雨が近づいています。安くやるよりしっかりやることを念頭に、正しく家のメンテナンスをするよう心掛けたいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。