木が腐っていたとは思えないでしょ

木が腐っていたとは思えないでしょ

木部を修復したケースメントサッシ

昨日、木部塗装する前のサッシ建具(障子)をご覧頂いたコルビー & コルビー(Kolbe & Kolbe、K & K)社のアルミクラッド・サッシ。

その塗装や屋外側の防水処理が完了して、名東区の現場にトラックで持ち込んだ際の様子がこちら。

ステンドグラスが入った三重ガラスの木製建具ですから、その重さたるや想像を絶する程です。それが、大小合わせて5枚あったのですから、窓の修復工事も大変です。

全ての建具で下枠が雨漏れ等によって腐っていたのですが、写真の矢印の部分をご覧下さい。他の三方の木枠と比べても、どこを修復したのか分からないレベルでしょ。

まあ、もっと近づいてじっくり見ると分かる部分もあるんですが、普通にお使い頂く分には気付かないように思います。木部の加工・修復や塗装、ガラスやアルミ枠部分の防水処理、そして浴室用の木枠部分(室内側)の防水処理の何れをとっても美しい仕上がりになっています。

修理するのに相当手間や時間が掛かってしまいましたが、待って頂いた分の価値を感じて頂けるような気がします。

他に相談した業者さんにはカバー工法でサッシを修復する以外に方法はないと言われたそうですが、輸入サッシの補修をここまで丁寧に出来る専門家は、ここ日本には少ないかも知れませんね。勿論、これらの建具の取付け・調整も、バッチリでしたよ。

<関連記事>: 完璧ではありませんが、現在のベストです (2019年5月25日)
<関連記事>: 冬の間に窓修理 (2019年11月27日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。