こんな固定部品もあるんです

こんな固定部品もあるんです

輸入網戸固定用バタフライクリップ

輸入サッシの網戸を固定するには、網戸ピンや固定バネが使われるのが一般的ですが、中にはこんな形をしたかわいい固定金具が使われることもあるんです。

写真は、その固定金具を三方から撮ったものですが、蝶々が丁度羽根を広げたような形をしているので、通称バタフライ・クリップと呼ばれています。

バタフライ・クリップの正しい名称は、リテイナー・クリップと呼ぶのですが、両手をVの字に広げたデザインなので、通称で言った方が分かりやすいかも知れません。

この網戸部品にもいくつか種類があって、樹脂の表面に刻印された番号で適切な部品が特定出来ます。輸入サッシの網戸部品としてはマイナーな部類に入りますが、これがないと網戸を窓に固定出来ませんし、樹脂が経年劣化で割れてしまうことも多いですから、予備を多めに調達しておくといいかも知れませんね。

<関連記事>: メーカーがなくなった輸入網戸も手に入る? (2019年5月22日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。