気持ちが分からないではないですが・・・

気持ちが分からないではないですが・・・

塗装された玄関ドアレバー

輸入住宅の玄関ドアに使われているクイックセット(Kwikset)社製の古いドアレバーとデッドロック。

古いと言っても現行の製品ですから、輸入資材の製品寿命は長いですね。

今回ご依頼頂いたのは、知り合いの工務店さんにこれらのドア金物の錆が気になるという相談をしたら、当初ゴールド色だったものが黄色に塗装されてしまいイメージが変わってしまったので、何とかしたいというものでした。

また、ドアレバーの方も調子が悪くなってきたそうですが、ドア毎の交換を勧められてドアレバーだけの交換が出来ないだろうかというご希望も頂きました。

こちらのおうちはお店兼用にもなっている為、来るお客様にも美しくて使い勝手のいい玄関をお使い頂きたいという感じだと思います。

昔のクイックセットの製品は、金メッキの質が今ほどではなく、数年で錆が出てくるといった感じでした。ただ、現在私たちがお勧めしているものは、金メッキが錆びにくく雨の後に雑巾やタオルなどで水を拭いて頂ければ、殆ど錆は出ないものとなっています。

輸入のドア金物について知識や経験のない建築屋さんであれば、ドアノブの交換をしたことがないという理由でドアそのものを国産のものに交換しようという提案をするのですが、そんな必要はありません。

ドアレバーもデッドロックも新しいものに交換することが出来ますし、ドアの建て起こしの調整をすれば、ドア自体もスムースに動くようになるのです。

それにしても、ゴールドが錆びたからと言って黄色で塗装するなんて、小学生のお絵描きみたいにお粗末な仕事ですよね(笑)

また、レバーハンドルが上下逆さまに付いているのも変ですね。恐らく、室内側と屋外側のレバーが入れ替え出来るということを知らなかったのか、単にそのまま付けたのか、そのどちらかかも知れません。これでは、ハンドルのカーブがいつまでも手に馴染まなかったような気がしますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。