インテグリティの網戸には、調達不可能な部品もある

インテグリティの網戸には、調達不可能な部品もある

インテグリティの網戸コーナー材

マーヴィン(Marvin)のアルミクラッド・サッシについては、廃番のサッシでない限り交換部材の供給は殆ど大丈夫ですが、ファイバーグラスで出来たインテグリティ(Integrity)のシリーズに関しては、部材の供給が制限されるものもあります。

その一つが、この網戸のコーナー材。樹脂製の小さな部品ですが、メーカーは部品の供給ではなく、網戸毎の交換でしか対応してくれません。

通常のアルミクラッドに使われているものと、インテグリティに使われているものと、然程違いがないように見えるのですが、コーナーに露出する部分の太さ(幅)が若干異なります。

そんな違いなら、それを流用すればいいようにも思いますが、そのコーナー材がインテグリティの網戸フレームに合うかどうか分かりませんし、例え合ったとしても露出部分の違いによって網戸全体の寸法が数ミリ違ってくると考えると、少しリスクがあるようにも思います。

インテグリティのコーナー部品ですが、部品メーカーのラインナップを探しても全く同じというものはありませんでした。ですから、インテグリティの網戸については少々高くなりますが、網戸を新しく調達した方が間違いはなさそうですね。

まあ、マーヴィンの廉価版で画一した製品構成しかないインテグリティですから、融通が利かないのは致し方ありません。そのうち部品から網戸を作る方法もボチボチ見つけるつもりですが・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。