これが、ダブル・フックの鍵です

これが、ダブル・フックの鍵です

ミルガード製掃出しサッシのダブルフックの鍵

先日、ミルガード(Milgard)製掃出しサッシのロックレバーを調達したいというお客様からの相談があったという記事を書かせて頂きましたが、その記事をご覧頂いたのか、別のお客様からも同様の問い合わせを頂きました。

今回は、予備を含めて4本のレバーが欲しいということで、念の為どういったハンドルに付いているレバーなのか確認する為にこの写真をお送り頂きました。

まさに私たちが、何度か調達しているロックレバーが付けられたハンドルですね。以前の記事で、鍵爪が2つ付いている防犯強化型のロック金物であることを書かせて頂きましたが、写真ではそのラッチ・フックがちゃんと確認出来ます。

これだけガッチリとロックされてしまえば、泥棒や空き巣は鍵を外から開けることは不可能だということが、お分かり頂けますよね。(尚、掃出しサッシのペアガラスは、強化ガラスが使われています)

ロックレバーを新しいものに交換して、鍵の位置調整やドアの建て起こしを調整すれば、また新築時の安全な状態に戻ってくれると思いますから、是非大切にして頂きたいと思います。

<関連記事>: レバーの交換だけでは伺いません (2019年3月11日)
<関連記事>: 網戸の取っ手も割れてませんか? (2019年3月12日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。