浴室のサッシは、こまめに掃除

浴室のサッシは、こまめに掃除

浴室のケースメント金物

こちらは、浴室のケースメント・サッシに取付けられていたオペレーター等の開閉金物です。

錆がひどく、クランクハンドルを回そうとしても固くて窓が開けられない状態でした。

一番の原因は、錆付いて両端や中央部が曲がったり欠損したりしているオペレーター・トラック(写真上)。こんな状態になると、オペレーター・アームの先がトラック・レールの中をスムースに走ることが出来なくなります。

また、もう一方のオペレーター・アームの先に付いた三角形のブラケットもアームとの接点が錆びて動かなくなっています。(あまりに錆がひどくて、ブラケットがアームから外れませんでした)

恐らくこの浴室窓も、殆ど開けていなかったのではないでしょうか。輸入サッシにはこうした開閉金物が必ず付いていますが、水分や湿気には然程強くありません。

ですから、浴室のように湯気が充満する場所では、使用後に窓を開けてサッシに水分や湿気が付かないように換気したり、時には雑巾で金物類を拭いてあげたりしないと、どんどん悪くなっていきます。

日頃の手入れを怠れば、どんないいものでもすぐに悪くなります。新築以来、サッシの手入れをしたことがないなんて人はいませんか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。