黄ばんできたら、そろそろ交換

黄ばんできたら、そろそろ交換

シングルハングのチルトラッチの交換

先日、守山区でスパイラル・バランサーの交換作業を行った際に一緒に交換したチルトラッチがこちらです。

シングルハングのチルトラッチは、種類も豊富で少しでも取付け穴の位置が違うと、樹脂サッシでは取付けが難しくなってしまいますから、調達時には正確な寸法や形状のチェックは欠かせません。

そうやって調達した部品が見事に装着出来ると、本当に嬉しいものです。

ただ、今回は完全に破損してしまったチルトラッチしか交換せず、それ以外のものは破損が少しひどくなってから交換したいというご希望で、何もしないでそのままお使い頂くことになりました。

でも、ご覧の通り、すでに黄色く変色してきていますから、素材の劣化は相当進んでいると考えるべきでしょう。それ程高価な部品ではありませんから、出来れば一度にたくさん調達して送料などの経費を出来るだけ安く抑えることがいいように思います。

まあ、お客様の考えもあるでしょうから無理にお勧めはしませんが、直す必要が出そうな場所は早めに対処しておく方が、得な気がしますね。

<関連記事>: 20年前のものでも新品が手に入ります (2019年1月24日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。