デッドロックもドライブイン

デッドロックもドライブイン

ドライブイン・デッドボルト

ドアノブ(ドアレバー)用のラッチ(鍵爪)で、フェースプレートが頭に付いていないドライブイン・ラッチを以前ご紹介しました。

ただ、玄関ドアにはラッチだけでなく、鍵を掛ける為のデッドロック用デッドボルト(ラッチバー、かんぬき)も存在します。

つまり、デッドボルトにもドライブイン・タイプの金物があってもおかしくないと考える方もいらっしゃるでしょう。実際にアメリカのクイックセット(Kwikset)社では、写真のようなドライブイン・デッドボルトが作られています。

今の新築住宅でこのロック金物が使われることはないと思いますが、20年以上前の輸入住宅に取り付けられているケースは、結構多いかも知れません。

ドアノブのラッチが消耗品であるように、デッドロックのラッチバーもいつかは交換が必要になるものです。

私たちはこうした部品を北米から調達していますが、国内で普通に流通しているものではありませんから、付着したゴミや汚れを掃除したり潤滑剤を塗布したり、ドアの建て起こしを調整したりして、デッドボルトが破損しないようなケアを日頃からしておくことが大切です。

そうすれば、こうした金物は壊れることなく、長くお使い頂ける耐久消費財となってくれるように思います。勿論、壊れてしまった時は仕方ありませんから、防犯対策として早めに交換するようにして下さい。

<関連記事>: 古い輸入住宅のドア・ラッチ (2019年2月23日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 資材・商品   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。