交換前のスパイラル・バランサー

交換前のスパイラル・バランサー

交換前のスパイラル・バランサー

こちらは、昨日修理作業を実施したメーカー不明の輸入樹脂サッシ。

下窓だけが可動するシングルハングという上げ下げ窓が、重くて窓が開けられなくなったということで、開閉を手助けするバランサー等の金物類を交換する作業でした。

写真は、下窓の建具を外して、バランサーやピボットシューを露出させた状態です。

こちらのバランサーは、スパイラル・バランサーと呼ばれるもので、金属製のチューブの中に螺旋状の長い棒が仕込まれていて、それが回転しながら上下することで窓の開閉を支えています。

この螺旋状の棒に錆やゴミなどが付着したり、内蔵されたバネが弱くなったりして、バランサーの動きが悪くなったのが、窓が開けづらくなった原因です。また、建具とバランサーとをつなぐピボットシューにも毛玉や油汚れなどが付いていましたから、こちらも交換することになりました。

ただ、このスパイラル・バランサーやピボットシューを交換する為には、特殊な工具が必要となります。ですから、こうしたバランサーを交換したいとお考えでしたら、専門知識や道具を備えたプロに相談すべきだと思います。

輸入住宅で15年近く経ったおうちは、あちこちメンテナンスが必要となりますから、家全体の点検・メンテナンスを行うことをお勧めします。

<関連記事>: 最近多いスパイラル・バランサーの相談 (2019年1月14日)
<関連記事>: 窓のフレームよりも大きなピボットシュー (2019年3月5日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。