古い輸入住宅のドア・ラッチ

古い輸入住宅のドア・ラッチ

クイックセット製ドライブイン・ラッチ

お客様から輸入住宅の室内ドアに取り付けられているドアレバーのラッチが欲しいという相談を頂きました。

20年近く前に建てられた輸入住宅のようですが、ドアレバーはクイックセット(Kwikset)のものが使われています。

クイックセットのものであれば、私共でもすぐに手に入るのですが、今の輸入ラッチはフェースプレートと呼ばれる金属の四角いプレートが、爪の頭に取り付けられています。

フェースプレートは、ラッチをドアに固定する為にあるものですが、古いドア・ラッチには丸いドライブイン・キャップというものが付いていて、これでラッチをドアに固定します。そういうラッチをドライブイン・ラッチと呼ぶのですが、この手軽な仕組みのラッチは現在国内では姿を消しているのが現状です。

今は、フェースプレート付きのラッチがどのメーカーでも一般的になっているのです。(国産は、フェースプレート付きのラッチしかありません)その理由は分かりませんが、これを今国内で販売しているのは私共くらいで、殆どないような気がします。

ラッチはドアの開け閉めには欠かせないものですし、頻繁に使いますから、消耗も激しい部品だと思います。ですから、万一に備えて、出来れば1~2本くらいは家に在庫として予備を調達しておくことが望まれます。

<関連記事>: デッドロックもドライブイン (2019年3月6日)
<関連記事>: 各社で違う輸入ドア・ラッチ (2014年10月15日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。