相当放置してましたね

相当放置してましたね

腐ったマーヴィン社製掃出しサッシ

バルコニーに出る為の輸入の掃出しサッシですが、ハメ殺し(FIX)側の固定ドア下端の木製フレームがゴッソリなくなっています。

新築から20年以上経過した輸入住宅ですが、外側のアルミ板の裏側が露出するまで木が腐っているというのは、あまり見たことがありません。

これだと泥棒が足で蹴飛ばせば、簡単にドアが外れてしまう状況でしょうから、生活するのもちょっと怖いかも知れません。

こちらのサッシは、マーヴィン(Marvin)社のものですが、ペアガラスとアルミ板とが接する部分に雨が侵入してこうなったようです。ただ、中身が腐ってなくなるまでには相当な時間も掛かりますし、その前に専門家へ何らかの相談をしていれば、ここまでのことにはならなかったかも知れません。

台風や大雨の際にはサッシのレール部分に溢れる程の雨水が溜まって大変なことになっていたそうですから、可動側のドアに腐食がなかっただけでも幸いでした。

因みに、このベランダの下になる部屋の壁に雨漏れがあったという不具合も発生したようですが、このサッシが原因かどうかはまだはっきりしない状態です。

このドアで隠れているサッシ枠のコーナー部分に隙間が生じて、そこから雨水が構造に染みているようなら、サッシ枠の防水処理が必要ですが、ベランダの床防水の処理やサッシ枠と外壁材との取り合い部分も非常に怪しい状態となっています。

そういう点で、しっかりと原因調査をした上で対策を打たないと、抜本的な雨漏れ補修は出来ません。何れにしても、もう少しおうちに手を掛けてあげて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。