20年前のものでも新品が手に入ります

20年前のものでも新品が手に入ります

破損したチルトラッチと交換品

輸入の樹脂製シングルハング・サッシを固定する為に付いているチルトラッチ。

以前、劣化によってよく破損するという記事を書かせて頂きましたが、北米の輸入サッシであれば何十年経っても交換部品の供給が
受けられるのです。

勿論、窓メーカーが製造を中止してしまったり、メーカー自体がなくなってしまうということは、日本のみならずアメリカでもよくあること。

そうなると、普通日本ではサッシ全体を交換するしか直す方法はないということになりますが、北米のサッシではそういうことはあまりありません(絶対にないということではないですよ)。

ご覧のチルトラッチは、新築から20年近く経ったサッシの部品ですが、全く同じデザインの新品を調達することが出来ました。

このようにサッシ・メーカーは、サッシに付属するパーツを汎用の部品メーカーから調達して取り付けることが多い為、サッシ自体が入手出来なくなっても、その部品だけを探して取り寄せることは可能なのです。

当然、そういう様々な部品を取り寄せるルートや、どこのメーカーならどういった部品が手に入るかということを熟知していなければ手の打ちようがありません。

また、新しく調達する部品が、古い部品と全く同じものかどうか詳細寸法や微妙なデザインの違いがないか確認しなければなりません。こんな小さな部品でも、そういった意味では手間を掛けて探さなければなりませんから、それなりの調達費が掛かってしまうのは仕方ないのです。

そういうことをご理解頂けるのであれば、私たちは出来る限りのサポートをお客様にして差し上げたいと考えます。勿論、サッシ部品だけでなく、ドアや水栓金具といったパーツでも私たちならおおよそ取り寄せられると思います。

<関連記事>: 黄ばんできたら、そろそろ交換 (2019年3月8日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。