ケーシングから漏れているなら、施工の問題

ケーシングから漏れているなら、施工の問題

アンダーセン掃出しサッシの漏水

こちらは、アンダーセン(Andersen)社製のスライディング・パティオドア(掃出しサッシ)の室内側の写真です。

今回、お客様から雨漏れの相談を頂きました。

先日の台風の強い雨風で、サッシの上端から雨が室内に侵入してきたというものでした。

写真を頂いただけなのではっきりと侵入箇所を特定した訳ではありませんが、木製ケーシング(飾り枠)とサッシ本体との隙間から雨が入っているのかも知れません。

もしそうだとすると、サッシそのものが雨漏りしているというより、構造体とサッシとの間に明けられた遊びスペースから雨が入ったというのが、論理的でしょう。

ただ、そういったスペースから雨が侵入することを防ぐ為に、ネイルフィンの上から防水用のブチルテープを張ったり、そのテープの上から透湿性防水シートで覆ったりして、雨が入らないようなハードルをいくつも設けるのが普通です。(防水シートは、ネイルフィンでサッシを取り付ける前にも構造体を覆っています)

こうしたことは、私たち ホームメイドが施工する時のやり方ですから、全ての住宅メーカーや工務店が同じように行っているとは限りません。ですから、施工手順に間違いがあったり、手順の一部を省略したりしていれば、雨漏れのリスクが発生します。

また、サッシ周りの防水処理は、雨の侵入を防ぐ最後の砦ですので、窓上の外壁材の割れや屋根や小屋裏から水が下に伝ってくるなどの構造的な問題がある可能性も大きいと言えます。

あと、特殊なケースですが、サッシの周囲に取り付けられているネイルフィンが何らかの原因で外れてしまい、そこから水が入ってきたという不具合も見てきました。

(ですから、ネイルフィンとサッシ本体とのつなぎ目までブチルテープ等で覆ってやることが必要ですが、ネイルフィンを本体の一部と思っている施工業者だとネイルフィンの上だけしかテーピングしていないように思います)

こうした雨漏れは、サッシそのものが雨漏れしたというよりは、その周囲の問題によって引き起こされたと考えるべきです。

つまり、輸入サッシだから雨漏れしたというのではなく、国産を含めたどんなサッシでも、施工の不具合によって雨漏れは発生するのだということを心しておかなければなりません。

もしサッシの周囲から雨漏れしたというトラブルが起きたら、どこから水が侵入したのか、外壁を含めて周囲の状況はどうか、上の階の部屋に雨漏れはないか、などをチェックした上で、サッシや外壁を非破壊検査することをして下さい。

調査の為に拙速に外壁やサッシを壊してしまうと、必要のない復旧工事までやらなければならなくなりますから・・・。そういった意味では、専門知識のあるプロのビルダーに相談すべきかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: ご案内・注意情報   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。