バルコニーの排水トラブル

バルコニーの排水トラブル

バルコニーの排水トラブル

大雨や台風の時、2階にあるベランダがプールのように浸水し掃出しサッシのレールから水が溢れてきたという経験をしたことはありませんか。

室内に雨水が入ってくるだけならまだしも、サッシの下の部分から建物構造の壁の方にも水が入り込んで、1階の壁や天井にも雨漏りしたなんてことになったら、それこそ大変です。

こういうトラブルは、バルコニーの床の排水が間に合わなくなったことで起こる訳ですが、その殆どは避けることが出来たことかも知れません。

写真のように、排水口周辺や雨水を集めて流す中樋というスペースにゴミや砂が溜まってしまうと、水が思うように流れてくれなくなってしまいます。

これを長年放置しておくと、排水口が目詰まりを起こし、雨水が竪樋の中を流れなくなってしまい、ベランダの床に水が溜まることになります。

また、ベランダの床の防水施工を太陽光から守り、長持ちさせようということで、人工芝や置きタイルのようなものを敷き詰めるお客様もたくさんいます。

ただ、こういうことをすると、ゴミや砂が溜まりやすくなり、その上こういった敷物でその下の状況が見えなくなります。つまり、敷物の表面はきれいなのに、その下に溜まった汚れはどんどん蓄積されてくるということになります。

それが極限まで達すると、大雨の時にバルコニーがプールのようになるのです。それを防ぐ為には、ジョイント・マット(人工芝)や置きタイルを全て撤去して、ベランダに溜まったゴミを全てきれいにすることを行いましょう。

こまめに掃除をし、その上で床のFRP防水を10年に一度塗り直しをすることで、健全なベランダの床を維持することが可能となります。これからまだまだ大きな台風や大雨がやってくるかも知れません。晴れて天気のいい今のうちに、バルコニーや雨樋の清掃をしてみては如何でしょうか。

そうすれば、大きな補修をすることなく、美しく大切なおうちを安く維持管理出来ることとなるのです。(家の修理や不具合は、日頃の掃除やメンテナンスといった生活習慣の改善で、ある程度避けることが出来るはずです)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。