今回もきれいに納まりました

今回もきれいに納まりました

建具交換後のハードのダブルハング

旧ハード(Hurd、現シエラ・パシフィック)社の新しい交換用建具(障子)を施工した処です。

チルトラッチが建具の両サイドに付いていたり、クレセントのロックのデザインが新しくなっていたりしていますが、以前のダブルハングとどう違うのか、一見しても見分けが付かないと思います。

ガラスの破損を相談頂いた際にお送り頂いた写真を参考にしながら、木部に少し着色をした上で防水塗装のパラペイント、ティンバーケアを塗りました。

ご依頼頂いたお客様も、その納まりのよさにビックリされたことと思います。建具を交換する際に、窓枠の両サイドに付いているサイド・ジャムも一緒に交換していますが、こちらも既存の窓枠に馴染んでいますでしょ。

木製格子も古いものとは形状が変わっていますが、こちらも違和感はありません。そうそう、外側の網戸も新しいものに付け替えました。

ただ、この窓はトイレの便器の後ろ側にあった為、交換作業を行うのに相当苦労しました。事前にそういう情報を頂ければ、何らかの用意は出来たかも知れませんが、伺った後ではどうしようもないですね。

まあ、きれいに納まりましたから、いいですけどね・・・。でも、便器の上に載らなければ作業は出来ませんでしたから、プラスチックの便座のフタを壊さないかと少々心配でした。

<関連記事>: 形状が変わっても、ハードなら交換可能 (2018年9月8日)
<関連記事>: 交換前のマスキング (2018年9月9日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。