形状が変わっても、ハードなら交換可能

形状が変わっても、ハードなら交換可能

ハード社ダブルハングの交換建具

旧ハード(Hurd、現シエラ・パシフィック)社の新しい交換用建具(障子)です。

ダブルハングの建具ですから、上下2枚ありますが、木製格子まで付いています。

今回は、三重県四日市市の輸入住宅で誤って窓ガラスを割ってしまったとのことで、建具を交換することとなりました。

樹脂サッシの場合、多くはペアガラスだけを外して交換することが可能なのですが、アルミクラッドの木製サッシでは木枠の付いた建具ごとでしか交換は出来ません。

また、20年近く前のハードのダブルハングは、現在生産されているものと形状が違います。ただ、シエラ・パシフィック社は、既に古いタイプの交換用建具を製造してくれないのです。それじゃあ困るじゃないとお思いのあなた、実は古い窓枠に新しい形状の建具を入れ込む方法があるのです。

シエラ・パシフィックは、窓枠側に組み込まれている古いサイド・ジャムを新しい建具に適合するものに交換するという交換キットを開発しました。建具が変わったのなら、窓枠側も合うように修正するアイデアを思いついたのです。

それって、すごいことですよね。だって、基本窓枠は外壁から外すことなくそのまま使える訳ですから。ただ、そうは言っても、新しい建具類の木部は無塗装で入荷しますので、こうやって取付けする前に防水塗装をしてやる必要があるのです。

でも、こうやって会社でじっくり塗装をしますから、細かな部分まで丁寧に塗装が出来る処がホームメイドのいい処です。

<関連記事>: 交換前のマスキング (2018年9月9日)
<関連記事>: 今回もきれいに納まりました (2018年9月10日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。