木部が劣化したマーヴィン社ダブルハング

木部が劣化したマーヴィン社ダブルハング

木部が劣化したマーヴィン ダブルハング

私の友人から、あまり使っていなかった部屋の窓について、修理が必要かどうか見てもらえないかという相談を頂きました。

築20年の輸入住宅で、輸入サッシはマーヴィン(Marvin)社のものを使っているとのことでした。

送って頂いた写真を見ると、上げ下げ窓のダブルハングに著しい損傷が見受けられます。また、写真には写っていませんが、外装のアルミ板も外れていました。

あまり部屋に出入りしていなかったということなので、窓を開け閉めすることもなかったのだと思います。サッシを閉め切った状態にしていると、屋外側のガラスやアルミの外装のつなぎ目から雨が木部に侵入しても、窓枠に隠れた一番下の部分から黒く腐ってくるので気付くのが遅れます。

勿論、こんな上の方まで黒ずみが出ている状態ですから、窓枠で見えなかった部分よりも更に腐食が拡大していることは明白です。普通に家の誰かが窓を開けていれば、すぐに分かったでしょう。

この建具(障子)の下に付いているはずのウェザーストリップも脱落した状況になっていますから、建具の下の部分はほぼ全て腐ってしまっているように思います。

取り敢えず、建具だけに不具合が出ているだけで、窓枠にまで不具合が及んでいないはずですから、建具さえ新しいものに交換すれば、元通りになってくれるはずです。

ここだけでなく、他の部屋のサッシや玄関ドア及び室内ドアも修理・メンテナンスが必要のようですから、一度ここでちゃんと直しておいた方がいいですね。そうすれば、定期的なケアで長く住んで頂けるはずですから・・・。

輸入住宅に限らず、家は10年毎くらいで状況をチェックして、出来るだけ軽微な状態で不具合を直すようにして下さい。また、たまに天気のいい日は、輸入の木製窓を開けて乾かすようにしたいものです。

あと、木部塗装は、ちゃんと屋外に適した木部専用の防水塗料を使うようにして下さいね。殆どの家ではニスのような内装用の塗装しかされていないのも、こうした問題を大きくしています。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。