鍵が掛けられないと、不安ですよね

鍵が掛けられないと、不安ですよね

アンダーセンの破損したクレセント

先日、アンダーセン(Andersen)社製ダブルハング・サッシのバランサーを交換したいというご相談を頂きました。

27年も前の平成3年に新築されたということですから、一度は既に交換されているのかも知れませんが、もし一度も交換していないとしたら大したものです。

今回は、合計8ヶ所の窓のバランサーを交換して欲しいとのご依頼ですが、既に寿命が来ていますから他にもダブルハングがあれば、一緒に交換しておく方が安心かも知れません。

また、バランサーを交換する際に、窓枠の両サイドに樹脂製のジャムと呼ばれる板状の部材が付いているのですが、その一部を外す必要があります。ただ、27年も経っていますから、樹脂の粘りがなくなって外す際にジャムが割れてしまう恐れもあります。

ですから、今回は新しいジャムライナーも一緒に取り寄せて、もし割れなければそのままお客様の手元に予備として置いておいて頂くことになりました。

そして、これとは別にダブルハングのロック部品であるクレセントが、写真のように破損しているようです。こうした部品も新しいものを調達出来ますから、バランサー等と一緒に手配をさせて頂きます。

それにしても、ロック部品の破損は防犯に直結する問題ですから、バランサーよりも緊急を要するように思います。このお客様は、意外とのんびりしていらっしゃるのかも知れませんが、早めに手配をしてあげたいですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。