下窓のみを交換したペラのダブルハング

下窓のみを交換したペラのダブルハング

下窓を交換したペラのダブルハング

先日、サッシ建具の木部塗装を行ったと記事に書いたペラ ウィンドウ(Pella)のダブルハング。

昨日、ガラスが割れた窓2ヶ所無事交換作業を完了しました。(同じ部屋にある窓が同時に割れたということですから、原因はペアガラスの熱割れ現象と考えられます)

既存の窓の木部は、随分古くなっていますから、塗装が日焼けしてダーク・ブラウンに変色していました。

新しい建具は無塗装の白木ですから、そこにパラペイントのナチュラル・クリア色を塗ると相当違和感を感じるだろうと、少し着色してからティンバーケアで防水塗装を行いました。如何でしょうか。多少色に違いはありますが、随分馴染んだ感じに仕上がったのではないでしょうか。

ペラのダブルハングは、窓の両サイドにある紐(ヒモ)で建具を吊っていますから、それを取り外して付け替えるのは結構面倒です。また、作業の途中では古くなった網戸のスクリーンを誤って破かないように注意をしなければなりません。

輸入サッシの構造や取付け方は、メーカーによって異なりますからそれぞれ理解するには知識と経験、正しい手順や道具が必要です。

<関連記事>: ガラスが割れたペラ社製ダブルハング (2018年1月22日)
<関連記事>: 交換用サッシュの木部塗装及び防水処理 (2018年6月2日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。