古い輸入折れ戸のトップ・レール部品

古い輸入折れ戸のトップ・レール部品

トップ・ピボット

随分前にアメリカに注文したのですが、今月中半にようやく入荷してくるのがこの部品。

今輸入住宅の新築の時に取り付けられることはあまりなくなりましたが、20年くらい前にはよく付けられていたのです。

折れ戸(バイフォールドドア)には、ドアを左右に移動させる為に上枠に可動レールが取り付けられています。

ドアの端にこのピボットと呼ばれる部品を差し込んで、そのレールの中をこのピボットが走ります。

樹脂で出来ていますから、ドアの開閉時の音が静かでソフトに動かせる点で優れていますが、長く使っていると摩耗して破損します。

アメリカ人は、こうした部品を消耗品と捉えて10年くらいで交換しますが、日本ではお店ですぐに手に入る部品ではありません。それ程高価な部品ではありませんから、予備の部品をストックしてすぐに交換出来るようにしておきたいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。

窓やドアの修理・メンテナンスの概要は、リペア&メンテナンスのページをご覧下さい。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 資材・商品   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。