腰を上げるのに時間が掛かりました

腰を上げるのに時間が掛かりました

建築業許可更新

私たち 建築業に携わる会社は、一定規模の工事をするに当たり国交大臣や県知事から許可を頂かなければなりません。

そして、許可を受けてから毎年その年度の会計状況を報告した上で、更に5年毎に許可更新をしています。

行政としては、大きな金額になる建築工事を行う会社に対して一定の信頼性を担保させる為に許可制を取っているのだろうと思いますが、実際には分譲を手掛ける建築デベロッパーが多額の負債や工事を残して倒産してしまうなんてことがありますから、本当に意味があるのかどうかは、ちょっと疑問です。

まあ、そう言いながら行政に従ってホームメイドも許可更新をしてきているというのが現状ですが・・・。

建築に携わる人は、どちらか言うと勉強よりも体を動かすことを得意としているように思いますから、書類手続きや簿記といった面倒な事務仕事は苦手なはずです。

かく言う私も、大学では経営学科に所属していたとは言え、然程勉強もせずバイトや旅行に明け暮れていましたから、こうしたことをやるには重い腰を上げなければやれません。

今年の4月に5年の許可が満了し、更新手続きをしなければならなかったのですが、なかなかやれずとうとう期限ギリギリになってしまいました。

事業年度の報告(届)も出さなければいけなかったものですから、休みの日に会社に出てきて書類を一生懸命まとめました。ずっとやってきたことですから、やり出せば意外とスムースにやれるものですが、勉強と同じで溜めていると大変です。

その汗の結晶が、この申請書と許可証です。一夜漬けでなく、今度はもう少し早めにやらないといけませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: 日常日記   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。