ブリック・タイルやカルチャード・ストーンの防水

ブリック・タイルやカルチャード・ストーンの防水

防水塗装したタイルとストーン

外壁材として、メンテナンスがあまり必要ないと思われている窯業系タイルとカルチャード・ストーン(人造石)。

窯業系タイルは、高温で焼かれていますから雨水が中に染み込むことは然程ありません。

ですから、タイルそのものに防水塗装を施す必要はないと言えますが、タイル目地は透水性のあるモルタルの為、この部分にクリア色の防水塗装をすることは大切です。

そして、コンクリートを成形して作ったカルチャード・ストーンやブリックの外壁は、モルタル同様透水性がありますから、全体に防水塗装をしなければなりません。

こちらの輸入住宅は築20年以上経っていますが、カルチャード・ストーンの表面は簡単に削れてしまうくらいに風化し始めてきています。

高級な輸入住宅では、こうしたタイル・ブリックや人工石が外壁に多く使われています。うちの家は塗り替え不要と安心しないで、目地の割れや劣化の点検と共にタイル張り・石張り自体の状況チェックも適宜行うようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

※ 「お知らせ」ページは、「カテゴリー」や「タグ」のキーワードをクリックすることによって、興味のある関連記事を検索頂けます。どうぞご活用下さい。古い日付の記事は、内容や価格が更新されている場合があります。尚、写真及び記事の著作権は、当社に帰属します。無断での転載・引用はご遠慮下さい。

| カテゴリー: メンテナンス   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは停止中です。